エマタビ

方向音痴の心配性トラベラーが「低予算だけど安全に」をモットーに海外おひとり様旅行記を発信します

「シンガポール バクテー」は並んででも食べたい!超人気店【松發肉骨茶(ソンファ・バクテー)】をご紹介

こんにちは、山田エマです。

初めてのシンガポール旅行で、バクテーデビューしました。
心配性の私はガイドブックをよく読み込んで、勝手に味を想像してイメージトレーニング完璧にしてからの実食。
 
一口スープを飲んでみての感想は、「何これ、めっちゃ美味しいんですけど!!!」
想像していた何倍ものおいしさで日本でもあの味が恋しくて恋しくて、思い出しただけでまた何度でも食べたくなります。
 
以来、シンガポールバクテーの虜になってしまいました。
シンガポールに滞在中の3日間で3店舗食べ比べをしてきました。
今回はガイドブックには必ず掲載されている超有名店「松發肉骨茶(ソンファ・バクテー)Song Fa Bak Kut Teh」をご紹介します。
 

 

バクテーとはどんな料理?

f:id:emmatabi:20190912125240j:plain

お店の紹介の前にバクテーについて簡単にご説明します。
 
漢字で肉骨茶と書いてバクテー(Bak Kut Teh)と読み、骨付きの豚肉を煮込んだ料理です。
 
港の労働者だった中国本土からきた福建人たちが良いスタミナをつける料理として食べ始めたもので、もともとは解体後に残ったそぎ落としきれなかった肉片がついた骨を利用して安く作られたのがルーツです。
 
バクテーにはシンガポール系とマレーシア系があり、2つの味は大きく違います。
シンガポール系のバクテーの特徴はクリアでコショウ効いたスープです。
臭みはなく、シンプルな骨付き肉とうま味がぎゅっとつまったスープが食欲をかきたて、肉はちょうどよい柔らかさに煮込まれています。
 
一方、マレーシア系のバクテーのスープの色は深い褐色で漢方薬に用いる生薬と中国醤油が加えられており、少しクセのある味付けになっており、コショウもあまり入ってません。
 
シンガポールでもマレーシア系のバクテーが食べられるそうですが、ご紹介するすべてのバクテーはシンガポール系のクリアなスープの方です。
 

バクテーの超有名店【松發肉骨茶(ソンファ・バクテー)Song Fa Bak Kut Teh】

f:id:emmatabi:20190912123758j:plain

「松發肉骨茶」(ソンファ・バクテーと読む)はシンガポールに10店舗あり、本場シンガポールのバクテーが食べられるお店です。
どのガイドブックにも載っていると行ってもいいほど有名で、地元の人や観光客に支持されています。
また、クラーキーにあるお店はミシュラン・シンガポール・ビブグルマンを受賞してます。
 
ご紹介する店舗は、チャイナタウン駅前のモールの中にある、チャイナタウンポイント店です。
モールの中にあるので待ち時間もエアコンの効いてる涼しいところにいられるのでおススメです。
 
ソンファ・バクテー(シンガポール)のサイト (中国語・英語のみ)

https://songfa.com.sg/

入店~注文~お会計までの流れ

入店~注文

私がお店に到着したのは金曜日の夜20時30分頃(閉店は21時30分)でした。
店内は満席。
時間帯によってはすごく並ぶようですが、入口に待ち時間の表示があり、10分となっていました。
お店の外にはメニューが置いてあり、並んでいる間に係りの人に何をオーダーをするか聞かれますので、
並び始めるときにメニューを見て、何をオーダーするか早い段階で決めておいた方がスムーズです。

f:id:emmatabi:20190911024334j:plain

メニューには日本語表記ありです。
 

f:id:emmatabi:20190911024416j:plain

ほぼ表示時間くらいの10分~15分くらい待ったら、案内してもらえました。
2人掛けのテーブルに1人で座りました。私以外に1人客がいなかったのか、最後まで相席になることはなかったです。
少し大きめの肩掛けトートバックを持っていたのを見た店員さんは、荷物を入れるカゴを持って来てくれ、足元に置いてくれました。
荷物を入れるカゴがあるなんて、なんだか日本的な印象を持ったのを覚えています。
既に入店前に注文してあったので、席についてからあまり待たずに注文の品が運ばれてきました。
 

お会計

頼んだものがすべて運ばれると伝票をテーブルに置いてくれます。
帰る時に、その伝票を持って、お店の真ん中にあるレジでお会計を済ませます。
クレジットカードが使えました。
ウェットティッシュ代を徴収するお店もあるようですが、レシートを見たら、こちらのチャイナタウンポイント店は無料になっていました。
 

注文した料理

f:id:emmatabi:20190911024519j:plain

排骨肉骨茶(ポークリブスープ・Pork Ribs Soup)SG$7.00

油条(ヨウティアオ・Doufh Fritters) SG$ 1.50

 
バクテーは一番シンプルな「排骨肉骨茶」をオーダーしました。ほかに、「龙骨汤(ロースカルビスープ・Loin Ribs Soup)」や「特级龙骨汤(プレミアムロースカルビスープ・Premium Loin Ribs Soup)」もあります。
土鍋ではなくお皿に盛られて出てきます。肉はやや小さめな印象で、スープのコショウの味は強めに感じました。
油条はスープに浸してすこし柔らかくして食べるのが美味しく、おすすめです。
 
スープのおかわりは無料です。
店員さんが巡回していればつぎ足してもらえます。私は丁度スープのおかわりが欲しい時に巡回してませんでしたので、店員さんを呼んで
「I'd like a refill please(おかわりください)」で通じました。
「リフィル、プリーズ」だけでも全然通じると思います。
 

おわりに

バクテーはシンガポールのローカルフードで地元民にも大変親しまれている料理です。
ちょうどいい量のバクテーは朝食、昼食、夕食と何時に食べてもGOOD。
10店舗あるので、観光の合間に、目的地近くにあれば是非立ち寄って食べてみてはいかがでしょうか。
 

アクセス



松發肉骨茶(ソンファ・バクテー)
チャイナタウンポイント店
住所:#01-04 133 New Bridge Road Singapore 059413
Tel: +65 6443 1033
営業時間:月~日 10.30am – 9.30pm
最寄り駅:Chinatown駅からすぐ
 

よろしければ、チャイナタウン近くのホテルの下記記事もあわせてどうぞ。