エマタビ

方向音痴の心配性トラベラーが「低予算だけど安全に」をモットーに海外おひとり様旅行記を発信します

「シンガポール クラーク・キー」深夜でもバクテーが食べられるお店【小陳故事】をご紹介

f:id:emmatabi:20190912173627j:plain

こんにちは、旅行はいつも一人旅ばかりの山田エマです。

突然ですが、飛行機が遅延などで現地到着が予定時間より遅れたことってありませんか?
そしてそのせいで、行こうと思っていたお店が閉まってたーなんてことを経験したことは?

こんなとき、すぐに代替案が思い浮かぶと安心しますよね。この店だったらいつも開いてるから「いざというときの保険みたいなお店」が。時間も有効に使えますし。
心配性な私は「なにかあった時」に対処できるように、「保険」となる食事のできる
お店を事前にリサーチしておきます。
 
今回は、シンガポールで深夜でもおいしいバクテーがたべられるお店
【小陳故事(シャオチェングーシー Xiao Chen Gu Shi)】に行ってきましたのでご紹介したいと思います。
 

 

小陳故事(シャオチェングーシー Xiao Chen Gu Shi)をご紹介します

小陳故事(シャオチェングーシー Xiao Chen Gu Shi)は観光客に人気のあるマリーナベイサンズレーザーショーのリバークルーズの乗降場所から歩いてすぐのRiver Valley Rd沿いにあります。リャン・コート(Liang Court) という明治屋が入っている日系の食材や生活用品がそろうショッピングモールもすぐ近くにあります。

最寄り駅は地下鉄のフォートカニング駅(Fort Canning駅)または、クラーク・キー駅(Clarke Key駅)になります。クラーク・キーには超有名なお店「松發肉骨茶(ソンファ・バクテー)」がありますが、いつも混雑しているし、営業時間も22時まで。
 
こちらのお店は、平日と土曜日は早朝6:00まで営業しています。
(日曜日だけは夜10時で閉店)

また、お酒好きな方には、飲んだ後の〆に、バクテーを食べるのにいいお店なのではと思います。
 

メニュー

f:id:emmatabi:20190912201707j:plain

メニューは写真付きなので、どんな料理かイメージしやすいです。

 

f:id:emmatabi:20190912201739j:plain

ドリンクメニューも豊富にあります。値段は高いですが、ビールも置いてあります。
口頭で注文する形になりますが、各席にメニューが置いてありますので、指さしオーダーでOK。

 私がお店に到着したのは日曜日の午後9時頃でしたが、店内には若い地元の男女グループが一組のみ。店内に入ってみて初めてあまりエアコンが効いてないことに気づき、店員さんが「扇風機回そうか?(ジェスチャー)」と尋ねてくれました。そして、大きな扇風機を席の近くで回してくれました。

f:id:emmatabi:20190911233406j:plain

注文したもの ※SG$1=81円で換算</h53

・バクテー(Spare Ribs Soup) SG$7.80(約631円)
・煮ピーナッツ(Braised Peanuts) SG$2.80(約226円)
・ライス (Plain rice)  SG$1.20 (約97円)
 
肝心のバクテーは、コショウが効きすぎてなく、お肉が大きく食べ応えがありました。既にご紹介したバクテーの有名店「松發肉骨茶(ソンファ・バクテー)」や「亞華肉骨茶餐室(ヤファ・バクテー」と食べ比べてみて、一番好きな味かも。一人分でも土鍋で出てきたのもポイントが高いです。
 
ホールに出てる店員さんはおじさん一人で、親切でした。英語での会話のキャッチボールは難しかったのですが、スープのおかわりはジェスチャーだけで理解してくれましたよ。今回も2杯おかわりできて大満足!
 

おわりに

こちらのお店は平日と土曜日は早朝6:00まで営業しています。
(ただし、日曜日だけは夜10時で閉店なので要注意!!!)
深夜到着便や、早朝出発便などを利用の際にも大変重宝するお店だと思います。
時間を有効に使いたい方におすすめな、絶品バクテーが食べられるお店を紹介しました。

アクセス

小陳故事  (シャオチェングーシー Xiao Chen Gu Shi)

住所:3E River Valley Rd, #01-08 Block E, Singapore 179024
TEL: 6336-0939
営業時間:月~土 11:30am~6am
     日   12:00pm~10pm
最寄り駅:フォートカニング駅(Fort Canning駅)
     または、クラーク・キー駅(Clarke Key駅)
 
 
 
よろしければ、シンガポールのグルメについては下記記事もあわせてどうぞ。