エマタビ

方向音痴の心配性トラベラーが「低予算だけど安全に」をモットーに海外おひとり様旅行記を発信します

シンガポールの朝食はカヤトーストにTRY!老舗コピティアム【東亜餐室】がおすすめ

f:id:emmatabi:20190916190352j:plain

こんにちは、山田エマです。
シンガポールの美味しいカヤトーストのお店をご紹介したいと思います。
 

コピティアム(kopitiam)ってどんなところ?

コピティアム(kopitiam)とはマレー語で「コーヒー」を意味する「kopi」と、「店」という漢字を福建語で読んだ「tiam」を合わせた言葉です。コーヒーショップという意味です。
典型的なコピティアムでは、飲み物やカヤトーストなど軽食が提供され、このようなお店のことをコピティアムと呼びます。
しかしながら、少しややこしいのですが、そのようなお店だけでなく飲食店が集まった集合体をコピティアムと呼ぶことがあるようです。
 

カヤトーストとは?

カヤトーストはシンガポールやマレーシアの朝食として、またはお茶のお供として親しまれています。
カリっと焼いたパンに、カヤジャムをぬって、バターの小片をはさんだメニューになります。
カヤジャムは、卵、ココナッツミルク、砂糖を煮詰めて作られている甘いジャムです。
 

コピ(コーヒー)の種類いろいろ

コピ(コーヒー)はバリエーションがいろいろあります。
 
・Kopi(コピ)=コンデンスミルク入りコーヒー
・Kopi O(コピオ)=砂糖のみ入ったコーヒー
・Kopi C(コピシ)=砂糖とエバミルク入りコーヒー
・Kopi O kosong (コピ・オ・コソン)=ブラックコーヒー
・Kopi C kosong (コピシ・オ・コソン)=エバミルク入り砂糖なしのコーヒー

それぞれホットとアイスがあり、Kopiが「Teh(テ)」になると、紅茶バージョンということになります。
 

【東亜餐室(トンア・ツァンシー Tong Ah Eating House)】を紹介するよ

最寄り駅はMRTアウトラム・パーク駅で、徒歩約6分。
駅から歩いて数分のところに赤と白が特徴的な食堂が見えてきます。

f:id:emmatabi:20190916192340j:plain

昔のお店が入っていた建物がそのまま残っています。
 
「東亜」と看板がありますが、こちらは昔のお店があった場所で今は別の店になっています。
看板は外されずに昔のままになっているので間違えて入らないように。
この右手の道路の先の右側に現在のお店があります。
 

f:id:emmatabi:20190916190959j:plain

現在のお店の入口
 
お店には午前11時ごろ訪れました。
ちょうど朝食と昼食の間の時間だったからか、店内には数名で混んではいませんでした。
観光客はいないようで、ほとんどの人が地元民のようでした。
席は店先の外と屋内がありますが、屋内にはクーラーがないので少し暑いかもしれません。
お店の人はあまり英語が得意ではないのか、通じにくいと感じました。こんな時にもっと中国語が話せたら!と思わずにはいられません。中国語の勉強がんばろうっと。
 

注文~お会計まで

入口でオーダーしてから、支払いを済ませます。お店の入口入って右にメニューがあるので、事前に見ておくといいです。
中か外で食べるか聞かれ、席につくと、まず先に卵と飲み物を持ってきてくれます。
最後にトーストが提供されます。

 

メニュー

f:id:emmatabi:20190916191108j:plain

定番のモーニングセットは、カヤトースト、とろとろの半熟卵2個とドリンクが基本の3品セットになります。
店先にメニューがあるのですが、金額が載ってません!!!
いずれのセットも、大体SG$5~6くらいだと思います。
 

注文した料理

f:id:emmatabi:20190916191316j:plain
f:id:emmatabi:20190916191244j:plain
・ComboB (Crispy Thin Toast Kayaとドリンクのセット) SG$5.3(約430円)
  • ドリンクはCopiC(砂糖とエバミルク入りコーヒー)を頼みました。CopiCはエバミルク(無糖練乳)が入っている分、普通のKopi(砂糖、コンデンスミルク入りコーヒー)よりあっさりした味わいです。
  • カヤトーストはカリっとトーストされ、焼き具合がちょうどいい。カヤジャムの甘みとサクッとしたトーストが口いっぱいに広がり幸せモードに突入。半熟卵にカヤトーストを浸したみるとしょっぱさが加わってこれもまた美味しいかも。人それぞれ食べ方もいろいろですが、わたしは別々に食べる方が好きですね。

 

f:id:emmatabi:20190916191812j:plain
f:id:emmatabi:20190916191833j:plain
  • 卵は黄身がトロトロな温泉卵風で少し甘いダークな色の醤油と白コショウを振って、カヤトーストと一緒にいただきます。 少しコショウ多めにかけるのがおすすめです。しっかり混ぜ合わせたら完成!
 

おわりに

典型的なコピティアムの雰囲気をあじわいながら美味しいカヤトーストとコーヒーがいただけます。
お店の場所は変わりましたが、1939年創業以来変わらぬ味を提供している老舗店のカヤトーストはサクサク。
コーヒーもすごく美味しいのでコーヒー好きの人には特におすすめです。
コーヒーとカヤトーストの最強コンビを是非食べてみてはいかがでしょうか。
 
 

アクセス

 東亜餐室 トンア・ツァンシー Tong Ah Eating House

住所:35 Keong Saik Rd., シンガポール 089142
TEL:+65-6223-5083
営業時間:7am~10pm
最寄り駅:MRTアウトラム・パーク駅から徒歩約6分
 
 
東亜から徒歩で行けるシンガポールのグルメ、こちらの下記記事もどうぞ。

www.emmatabi.com