エマタビ

方向音痴の心配性トラベラーが「低予算だけど安全に」をモットーに海外おひとり様旅行記を発信します

【シンガポール】「味香園」のタピオカ入りアジアスイーツ!楊枝甘露をご紹介

f:id:emmatabi:20191005110209j:plain

こんにちは、山田エマです。
観光の合間に食べるスイーツって普段よりもおいしく感じませんか?
わたしは路地の写真をとるのが趣味ということもあり、海外旅行ではとにかく歩き回ります。元気をチャージしてくれる甘いものを、ほどよく疲れた体が欲するということが多いです。そして甘いものを摂取すると本当に生き返ったように元気になれちゃいます。
今回は、私のように歩く派の人も、タクシー移動派の人もシンガポールのチャイナタウンに行ったら立ち寄りたいスイーツ店「味香園」の楊枝甘露(Mango with Pomelo Sago)をご紹介します。

※お店の詳細情報は記事の一番下にあります。

楊枝甘露とは?

f:id:emmatabi:20191005110830j:plain

楊枝甘露は「広東語でヨンジーガムロウ」「中国語でヤンジ―ガンルー」と読みます。
主にマンゴー、ポメロ、タピオカが入った冷たいスイーツです。マンゴーの甘み、ココナッツミルクの香り、プチっとはじける柑橘系のさわやかな香りのポメロ、つぶつぶとした食感が楽しい小粒のサゴ(タピオカ)の絶妙なハーモニーが楽しめる楊枝甘露は中華圏でとてもポピュラーです。

楊枝甘露は、ピューレ状のマンゴーをベースに、ココナッツミルク、コンデンスミルク、牛乳などといったミルク系を加えてコクとまろやかさを出します。その配合はお店によって様々なので、お店の個性が味に出やすくなります。
そして、角切りにしたマンゴーを上にちらし、粒をほぐしたポメロを浮かべ、サゴ(タピオカ)を加えてよく冷やします。お店によってはさらに、マンゴープリンを加えたり、氷を入れたりします。
香港では通年食べられるスイーツなので、おそらくシンガポールでも一年中食べられると思います。

 

ポメロ(Pomelo)とは? 

ポメロは、東南アジアが原産の柑橘系フルーツで、果実が食用とされています。ザボンくらいの大きさがあります。
緑色の厚い皮の中に淡い黄色の果肉が入っています。 果実は果汁が少なく、甘みと酸味があり、少し苦味もあります。果肉は容易にほぐすことができ、特徴はシャキッとはじける食感です。
東南アジアから日本に渡来して改良されたものはザボンや文旦などとして生産されています。
お店によってはポメロの代替品として、グレープフルーツやピンクグレープフルーツを使用するところもあるようですが、今回ご紹介する「味香園」はポメロを使用しています。

 

サゴ(Sago)とは?

サゴはその食感と見た目より一般的にタピオカに分類されることがありますが、サゴとタピオカは原材料が違います。
サゴは、サゴヤシという椰子の木の幹に貯えられたデンプンを抽出し加工したもの。
タピオカは、キャッサバという芋から抽出されたデンプンを加工したもの。
いま日本で流行っている黒い大きなタピオカはキャッサバ芋から抽出したでんぷんを水で溶き、加熱して、粒状にして乾かします。それを茹でて戻すと私たちが目にしているもちもちのタピオカになります。
通常タピオカは乳白色ですが、カラメルや黒糖などで色づけすると黒いタピオカになります。上述したように、キャッサバの芋から取られたデンプンを丸めたものが、タピオカパールのことですが、フィリピンではこれを「サゴ」や「サゴ・パール」と呼ぶそうです。
サゴとタピオカは全くの別物ですが、最近のサゴはタピオカデンプンから作られているものもあるので、呼び方を区別しないで、「サゴ」=「タピオカ」と言われることもあるそうです。

 

味香園(Mei Heong Yuen)

f:id:emmatabi:20191005111323j:plain
↑お店の外観

チャイナタウン駅から徒歩約3分
派手な看板じゃないので、素通りしないように気を付けます。
店内は白を基調としたおしゃれ感少なめで「ザ・シンプル」って感じです。
こちらのお店では雪花氷と呼ばれる台湾スタイルのふわふわのスノーかき氷のメニューが豊富ですが、おしるこやゴマスープのような糖水もいろいろあります。

f:id:emmatabi:20191005111247j:plain

楊枝甘露 (Mango with Pomelo Sago) SG$5(約400円)

マンゴーピューレのなかにシャーベット状の氷とタピオカに似たサゴが入っていて、ココナッツミルクの香りとマッチ。
マンゴーが添えられ、その上にさわやかな甘みの柑橘系のフルーツのポメロの粒がのっています。
味はさっぱりしていて、マンゴーピューレは比較的サラサラとしています。
ココナッツミルクよりもマンゴーの風味の方が強めに感じました。
シャーベット状の氷が入っているからでしょうか、ちょっと水っぽくなっていました。楊枝甘露には氷は入ってないと思っていたのですが、こちらでは違うようです。
もし氷なしにしてもらえるのなら、ないほうが絶対にいいと思いました。
この楊枝甘露目当てにチャイナタウンに行くのはちょっともったいないような味です。観光や買い物がてらに、疲れた時の休憩場所としての利用をおすすめします。
今度はローカルの人に大人気の糖水系のメニューを頼んでみたいです。

 

おすすめ度3.5点/5点

 

↓味香園公式HP 

www.meiheongyuendessert.com.sg

活気あふれるチャイナタウンを散策しよう

f:id:emmatabi:20191005112852j:plain

赤い提灯が連なる路地を歩いて、チャイナパワーを感じとってみてください。

  • 「パゴダストリート」は買い物客や観光客で賑わっていて活気があります。お土産探しも楽しそうです。
  • 「テンプルストリート」には骨とう品、漢方のお店などがあり、中国っぽい品ぞろえになっています。
  • 「スミスストリート」にはチャイナタウンフードストリートという屋台街がありいろいろなお店が並んでいます。

 

アクセス

味香園 Mei Heong Yuen

住所: 63-67 Temple St, シンガポール 058611
TEL:+65 6221 1156
営業時間:火〜日 12:00~22:00
定休日:月曜日

 

おわりに


楊枝甘露は現地の人も大好きなスイーツです。楊枝甘露はお店によって、使っている食材によって、味もいろいろです。
ドリンクのようにして飲めるシェイクtypeなんかもあります。東南アジアを旅行する際はこのさわやか系マンゴースイーツの「楊枝甘露」をぜひ食べてみてください。

 

↓シンガポールで食べた「変わった名前のスイーツ」の記事はこちら

www.emmatabi.com