エマタビ

方向音痴の心配性トラベラーが「低予算だけど安全に」をモットーに海外おひとり様旅行記を発信します

【台北・行天宮】鹹豆漿がたまらなく旨い! 「喜多士豆漿店」で台湾の朝食を食べよう

こんにちは、山田エマです。
台湾には日本では見かけない「朝ごはん」の定番メニューがあります。
ホテルで食べるブッフェスタイルの朝食もいいけど、せっかくなら台湾ローカルなお店に朝食を食べに街に出てみませんか?
今回はMRT行天宮近くにある、地元民にも、日本人旅行者にも人気でおいしい台湾式朝ごはんが食べられる「喜多士豆漿店」をご紹介します。

喜多士豆漿店(シードゥオシードウジャンディエン)

 

f:id:emmatabi:20191008180924j:plain

お店の外観です。赤い看板に白地の店名が目印。
お店の前にいくと、外からも作っているところが見え、店員さんは手際よく忙しそうにしています。
営業時間は6:00~11:00。閉店時間が早いので注意が必要です。

メニュー

f:id:emmatabi:20191008181032j:plain

お持ち帰りのお客さんを横目に、店内に中に入ります。そして、ラミネートされたメニューとペンをもらい、好きな席に座ります。
メニュー表の上部、「For here」にチェックをいれ、「Table Number」に自分の座っているテーブルの番号を記入します。
数量は数字でも正の字でも分かればどちらでもいいと思います。

おおまかですが、「鹹豆漿」は左上、「蛋餅」は右上に載っています。
黄色に色が塗ってあるのが、お店のおすすめメニューなのでしょうか。
右下に合計金額の「70」を記入してくれました。

注文したもの

f:id:emmatabi:20191008181116j:plain

鹹豆漿加蛋(シェンドウジャンジャーダン)TW$35 (約126円)

「鹹」とはしょっぱいという意味です。豆漿が豆乳なので、しょっぱい豆乳ということになります。
「蛋」とは卵のことで、鹹豆漿に卵を加えたほうにしました。
中に入っている主な具は揚げパン、ネギ、ザーサイなどで、かき混ぜるとおぼろ状になり食感が絶妙で、クセになります。塩加減もちょうどよく、食べる手がとまらないほど美味しい。

わたしは日本のスーパーなどで売っている、パックに入った無調整豆乳が得意ではないのですが、台湾の鹹豆漿は大好物です。
一度食べたらハマってしまうこと間違いなしの、絶品鹹豆漿でした。

f:id:emmatabi:20191008181224j:plain

蛋餅(ダンビンdanbing) TW$35 (約126円)

ソースは2種類。左の「辣椒醤」は少し辛めのチリソース。右の「大蒜油膏」はニンニクが入ったやや甘めのトロッとしたテクスチャーの醤油です。
両方のソースを混ぜてみたら美味しかったです。好みの味を作ってみてくださいね。

 

f:id:emmatabi:20191008181350j:plain

鹹豆漿と一緒に頼むメニューで人気なのが、「蛋餅(ダンビン)」です。
蛋餅とは少し弾力のある生地と卵を一緒に油で焼いたもので、食べやすく切った状態で提供されます。
卵の他に、ハム、チーズやコーンなどを加えた蛋餅のメニューがあるお店もあります。
こちらのお店には卵を巻いただけのベーシックな蛋餅と、油條(揚げパン)を巻いた蛋餅の2種類しかないようです。
蛋餅の皮はモチモチしているお店とサクサクしているお店の2通りありますが、こちらはサクサクしていて、香ばしいかおりがします。油で焼いてあるので、思ったよりお腹にたまる感じがしました。

 

おすすめ度 4.5点/5点

アクセス

 喜多士豆漿店(シードゥオシードウジャンディエン)

住所:台北市中山區民權東路二段71巷15號
TEL:+886 2 2598 1210
営業時間:火~日 6:00~11:00(月曜定休)
最寄り駅:MRT行天宮駅 4番出口から徒歩約6分

 

朝ごはんを食べた後はパワースポットの「行天宮」でお参りをしよう

f:id:emmatabi:20191009010647j:plain

f:id:emmatabi:20191009010708j:plain

行天宮と書いてシンティエンゴンと読みます。「喜多士豆漿店」から歩いて4分ととても近いので、朝食を食べた後にお参りをしに寄ってみるのをおすすめします。
行天宮は1967年に創建され、三国志で有名な関羽を本尊に祀っています。関羽は勝負運や商売繁盛に効果があるといわれています。

以前は線香やお供え物もあったそうですが、環境保全の観点から、現在では禁じられており、賽銭や紙銭もありません。
一歩内部に入ってみると、広く、とても静かで神聖な空気が流れています。線香もないので、煙たくありません。
お参りする人たちはみんな熱心で信仰心のあつさが伝わってきます。

夜はライトアップされ、より一層厳かな雰囲気になりますので、夜訪れるのもおすすめします。
台湾の強力な開運スポットでパワーチャージして帰国してみてはいかがでしょうか。

アクセス

行天宮(シンティエンゴン)
営業時間:4:00~22:00

 

スーパー「全聯福利中心@ 中山松江店」でお土産探し

MRT行天宮駅4番出口を出るとすぐ隣にスーパーマーケットの「全聯福利中心」があります。
規模は1フロアと小さめですが食品やお菓子など一通りそろっているので、自分用に、バラマキ用にと、手軽にお土産を探せます。
営業時間も長いので使い勝手の良いスーパーです。

↓台湾で買ってよかったお土産の過去記事はこちら

www.emmatabi.com

↓お土産で買える台湾スイーツの食べ比べの過去記事はこちら

www.emmatabi.com 

アクセス

 全聯福利中心(チェンリェンフーリージョンシン) 中山松江店
住所:台北市中山區松江路318號1樓
TEL:+886 2 2567 1681
営業時間:7:00~23:00 (年中無休)

 

おわりに

行天宮エリアにある美味しい鹹豆漿が食べられるお店、開運スポットの廟「行天宮」、気軽に買い物ができる便利なスーパー「全聯福利中心」の紹介をしました。朝早くからOPENしている豆漿屋さんは、時間が限られている旅行者にとって心強いお店でもあります。台湾の人々に混じって朝ごはんを食べる幸せを感じてみてください。

 

↓穴場的スポット!迪化街から歩いていける「李記豆漿」の鹹豆漿もおすすめです。

www.emmatabi.com